スポンサーリンク

【2024】愛染神社 山形市のお祭り(例祭)を紹介! 蔵王半郷の鎮守神、愛染神社の春祭り 4月

04月

蔵王半郷の鎮守神、愛染神社の春祭り

スポンサーリンク

基本情報

愛染神社は、山形県山形市松原に鎮座する神社です。祭神は塞の神で、交通安全・良縁・安産などの神として崇められています。

  • 住所:山形県山形市松原
  • 電話番号:非公開
  • アクセス:蔵王駅から徒歩約16分
  • 例祭日:4月29日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

愛染神社の例祭は、4月29日に行われます。例祭では、神輿渡御や獅子舞などの神事が行われます。

神輿渡御

神輿渡御は、例祭のメインイベントです。神輿は、神社から氏子地域を巡行し、五穀豊穣や無病息災を祈願します。

獅子舞

獅子舞は、愛染神社の例祭に欠かせない神事です。獅子舞は、厄除けや開運を祈願するもので、神社境内や氏子地域を巡回します。

  • 獅子舞は、五穀豊穣や無病息災を祈願するもので、神社境内や氏子地域を巡回します。
  • 獅子舞は、愛染神社の例祭に欠かせない神事で、毎年多くの人々が訪れます。

ご利益と神様

愛染神社のご利益は、交通安全・良縁・安産などです。祭神の塞の神は、旅人の安全を守る神様として知られています。また、愛染神社は縁結びの神社としても有名で、多くのカップルが参拝に訪れます。

  • 交通安全
  • 良縁
  • 安産

由緒と歴史

愛染神社の創建は、明和元年(1764年)です。旧出羽大通の一角に、塞の神(道祖神)が祀られていたのが始まりとされています。その後、文化十一年(1814年)に三宅善三郎他七名が愛染明王を合祀し、長谷堂の名工栗野乙松に依頼して本堂を創建しました。

  • 創建:明和元年(1764年)
  • 祭神:塞の神、愛染明王
  • 本堂:文化十一年(1814年)に建立

訪問者のためのヒントと注意点

愛染神社を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
  • 神社は小高い丘の上にありますので、歩きやすい靴でお越しください。
  • 例祭期間中は混雑が予想されますので、時間に余裕を持ってお越しください。

駐車場情報

愛染神社には駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード