スポンサーリンク

【2024】徳威三嶋宮 東温市のお祭り(例祭)を紹介! 秋の大祭、神輿渡御で街が熱狂 10月

10月

秋の大祭、神輿渡御で街が熱狂

スポンサーリンク

基本情報

徳威三嶋宮は愛媛県東温市に鎮座する神社です。御祭神は鹿屋野比賣神、大山積神、雷神、高龗神です。

  • 住所: 愛媛県東温市野田1丁目20番地21
  • 電話番号: 089-964-1386
  • アクセス: 東温市野田1丁目20番地11
  • 例祭日: 10月第2土・日曜日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

徳威三嶋宮の例祭は、毎年10月第2土・日曜日に開催されます。例祭では、神輿渡御や奉納芸能、露店などが行われます。

神輿渡御

神輿渡御は、例祭のメインイベントです。神輿は、氏子や地元住民によって担がれ、町内を巡行します。神輿渡御は、五穀豊穣や無病息災を祈願するものです。

奉納芸能

例祭では、奉納芸能も行われます。奉納芸能では、地元の芸能団体による踊りや歌などが披露されます。奉納芸能は、神様への感謝の気持ちを表現するものです。

露店

例祭では、露店も出店します。露店では、食べ物や飲み物、雑貨などが販売されます。露店は、例祭の賑わいを盛り上げるものです。

  • 神輿渡御: 氏子や地元住民によって担がれる神輿が町内を巡行
  • 奉納芸能: 地元の芸能団体による踊りや歌などの披露
  • 露店: 食べ物や飲み物、雑貨などの販売

ご利益と神様

徳威三嶋宮のご利益は、五穀豊穣、無病息災、厄除け、商売繁盛などです。御祭神である鹿屋野比賣神は、五穀豊穣の神様です。大山積神は、山岳の神様です。雷神は、雷の神様です。高龗神は、水の神様です。

  • 五穀豊穣
  • 無病息災
  • 厄除け
  • 商売繁盛

由緒と歴史

徳威三嶋宮の創建は、706年(慶雲3年)と伝えられています。国司の越智玉興が、大三島から三神を勧請して祀ったのが始まりとされています。その後、1627年(寛永4年)に松山藩主の蒲生忠知が、徳威原の開墾計画に伴い、上津社と中津社を下津社に合祀しました。1668年(寛文8年)には、大干ばつが起こり、久米・浮穴両郡代官の支配にて雨乞い祈願祭を斎行しました。この雨乞い祈願祭は、「寛文の御面雨乞い」と呼ばれています。

  • 706年(慶雲3年)に創建
  • 1627年(寛永4年)に上津社と中津社を下津社に合祀
  • 1668年(寛文8年)に「寛文の御面雨乞い」を斎行

訪問者のためのヒントと注意点

徳威三嶋宮を訪れる際には、以下の点に注意してください。

  • 例祭は、毎年10月第2土・日曜日に開催されます。
  • 例祭期間中は、神輿渡御や奉納芸能、露店などが行われます。
  • 徳威三嶋宮には、駐車場はありません。
  • 公共交通機関を利用するか、近隣の駐車場に駐車してください。

駐車場情報

徳威三嶋宮には、駐車場はありません。公共交通機関を利用するか、近隣の駐車場に駐車してください。

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード