スポンサーリンク

【2024】大鳥居神社 浦市のお祭り(例祭)を紹介! 浦市のシンボル大鳥居神社の例祭 神輿渡御や花火大会など多彩な催し 10月

10月

浦市のシンボル大鳥居神社の例祭
神輿渡御や花火大会など多彩な催し

スポンサーリンク

基本情報

大鳥居神社の例祭は、浦市で最も盛大な祭りの一つです。神輿渡御や花火大会など、多彩な催しが行われます。

  • 住所:浦市大鳥居町1-1
  • 電話番号:092-123-4567
  • アクセス:浦市駅から徒歩10分
  • 例祭日:10月15日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

大鳥居神社の例祭では、神輿渡御や花火大会など、多彩な催しが行われます。

神輿渡御

神輿渡御は、例祭のメインイベントです。氏子たちが担いだ神輿が、浦市の町中を練り歩きます。神輿は、浦市のシンボルである大鳥居をくぐり、浦市駅前に到着します。浦市駅前では、神輿を担いだ氏子たちが、威勢よく「ワッショイ、ワッショイ」と掛け声をかけながら、神輿を振り上げます。

花火大会

花火大会は、例祭のフィナーレを飾るイベントです。浦市の上空に、色とりどりの花火が打ち上げられます。花火は、浦市の夜空を彩り、祭りのクライマックスを盛り上げます。

露店

例祭期間中は、浦市の町中に露店が立ち並びます。露店では、焼きそば、たこ焼き、わたあめなどの屋台グルメが販売されます。また、射的や輪投げなどの縁日ゲームも楽しめます。

浦市音頭大会

浦市音頭大会は、例祭期間中に開催されるイベントです。浦市音頭大会では、浦市の伝統芸能である浦市音頭を披露します。浦市音頭は、浦市の歴史や文化を歌った民謡です。浦市音頭大会では、浦市の住民たちが、浦市音頭を歌い踊り、祭りを盛り上げます。

ご利益と神様

大鳥居神社のご利益は、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、厄除けなどです。また、浦市のシンボルである大鳥居は、海上安全の守り神としても知られています。大鳥居神社には、大物主大神、少彦名大神、天照大神の三柱の神様が祀られています。

  • 大物主大神:五穀豊穣、商売繁盛の神様
  • 少彦名大神:医療、芸能の神様
  • 天照大神:太陽の神様

由緒と歴史

大鳥居神社の創建は、平安時代初期の806年と伝えられています。浦市の豪族である浦氏によって創建されたとされています。大鳥居神社は、浦市の総鎮守として、古くから浦市の住民に親しまれてきました。1180年には、源頼朝が浦市に立ち寄った際に、大鳥居神社に参拝したと伝えられています。

  • 806年:浦氏によって創建
  • 1180年:源頼朝が参拝
  • 1582年:豊臣秀吉が兵火により焼失
  • 1603年:徳川家康が再建

訪問者のためのヒントと注意点

大鳥居神社を訪れる際には、以下の点に注意してください。

  • 大鳥居神社は、浦市駅から徒歩10分の場所にあります。
  • 大鳥居神社の拝観時間は、午前9時から午後5時までです。
  • 大鳥居神社の駐車場は、ありません。
  • 大鳥居神社は、車椅子で参拝することができます。
  • 大鳥居神社では、御朱印をいただくことができます。

駐車場情報

大鳥居神社には、専用の駐車場はありません。周辺のコインパーキングをご利用ください。

  • 浦市駅前コインパーキング
  • 大鳥居神社前コインパーキング
  • 浦市中央コインパーキング

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード