スポンサーリンク

定山渓温泉渓流鯉のぼり

定山渓温泉

定山渓温泉渓流鯉のぼり

スポンサーリンク

1. 概要

2023年で37年目を迎える定山渓の春の風物詩『渓流鯉のぼり』。4月から5月中旬にかけて、約400匹の鯉のぼりが温泉街上空を舞います。色とりどりの鯉のぼりは、道内のご家庭から大切な思い出の詰まったものを使わせていただいております。春の定山渓温泉で、鯉のぼりと桜のコラボレーションを楽しみましょう。

スポンサーリンク

2. 住所

開催場所:温泉街中心部、定山源泉公園、二見公園、太郎の湯、見返り坂、湯けむり坂、定山渓神社、かっぱ家族の願掛け手湯、ほか

・アクセス

問合せ先:一般社団法人 定山渓観光協会
TEL 011-598-2012
https://jozankei.jp/contact/form/

・駐車場

駐車場は定山渓スポーツ公園公共駐車場をご利用ください(約40台)
※温泉街など路上駐車はご遠慮ください。

スポンサーリンク

3. 期間

開催日:2023年4月8日~2023年5月14日
開催時間:終日

4. 特徴

定山渓温泉渓流鯉のぼりは、まだ雪残る温泉街周辺に端午の節句、また桜が満開を迎える時期に、温泉街の思い出のひとつとして、鯉のぼりを掲揚したのが始まりです。大小約400匹の色とりどりの鯉のぼりが連なり、温泉街の豊平川上空を舞う姿は圧巻です。

温泉街にある定山渓神社にも鯉のぼりが掲揚されています。春の短い新緑の時期にだけ起きる春紅葉(はるもみじ)も見られるかもしれません。

掲揚される鯉のぼりは、北海道内の家庭・職場などで不要になったものを譲り受けたものです。定山渓観光協会では毎年3月前半に募集期間を設けているので、興味のある人は観光協会の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

この時期、定山渓温泉では桜と鯉のぼりのコラボレーションが楽しめるのも、北海道ならではの特徴です。桜が咲き誇る風景の中で、色鮮やかな鯉のぼりが空を泳ぐ姿は、春の訪れを感じさせてくれます。

観覧は無料で、家族や友人と一緒に春の定山渓温泉を訪れて、素晴らしい風物詩をお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました