スポンサーリンク

【2024】卯野原神社 下呂市のお祭り(例祭)を紹介! 卯野原神社で五穀豊穣を願う春祭り 5月

05月

卯野原神社で五穀豊穣を願う春祭り

スポンサーリンク

基本情報

  • 住所: 岐阜県下呂市金山町卯野原字損名洞1356番地の16
  • 電話番号: なし
  • アクセス: なし
  • 例祭日: 5月1日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

卯野原神社の例祭は、五穀豊穣を祈願するお祭りです。例年5月1日に行われ、氏子や参拝者でにぎわいます。

神事

例祭のメインイベントは、神事です。神事は、神職が祝詞を奏上し、五穀豊穣や氏子の安泰を祈願します。参拝者は、玉串を奉納して神様への感謝の気持ちを伝えます。

獅子舞

例祭では、獅子舞が奉納されます。獅子舞は、五穀豊穣や厄除けを祈願する伝統芸能です。獅子舞は、神社の境内を練り歩き、参拝者に福を授けます。

屋台

例祭では、屋台が立ち並びます。屋台では、地元の特産品や縁日グルメを楽しむことができます。参拝者は、屋台を巡りながら、お祭り気分を満喫します。

ご利益と神様

卯野原神社のご利益は、五穀豊穣です。また、厄除けや家内安全、商売繁盛などのご利益もあるとされています。祭神は、天照皇太神(あまてらすすめおおかみ)と仁徳天皇(にんとくてんのう)です。天照皇太神は、太陽神であり、五穀豊穣の神として知られています。仁徳天皇は、第16代の天皇であり、治世中に多くの土木事業を行い、五穀豊穣をもたらしたとされています。

  • 五穀豊穣
  • 厄除け
  • 家内安全
  • 商売繁盛

由緒と歴史

卯野原神社の創建年代は不詳ですが、平安時代にはすでに存在していたとされています。鎌倉時代には、源頼朝が奥州征伐の際に卯野原神社に参拝し、戦勝を祈願したと伝えられています。戦国時代には、武田信玄が卯野原神社に参拝し、五穀豊穣を祈願したとされています。江戸時代には、卯野原神社は下呂藩の祈願所となり、藩主が毎年参拝していました。

  • 平安時代にはすでに存在
  • 鎌倉時代に源頼朝が参拝
  • 戦国時代に武田信玄が参拝
  • 江戸時代に下呂藩の祈願所となる

訪問者のためのヒントと注意点

卯野原神社を訪れる際には、以下の点に注意してください。

  • 駐車場は限られているので、公共交通機関を利用するか、早めに行くようにしましょう。
  • 例祭期間中は混雑するので、時間に余裕を持って出かけましょう。
  • 神社内は禁煙です。
  • ペットの同伴は禁止されています。

駐車場情報

卯野原神社には、専用の駐車場はありません。周辺の公共駐車場を利用するか、公共交通機関を利用してください。

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード