スポンサーリンク

【2024】浅間神社 沼津市のお祭り(例祭)を紹介! 沼津の浅間神社で、縁結びのご利益を授かる 9月

09月

沼津の浅間神社で、縁結びのご利益を授かる

スポンサーリンク

基本情報

  • 住所: 静岡県沼津市浅間町4
  • 電話番号: 055-962-0330
  • アクセス: JR沼津駅南口より徒歩18分
  • 例祭日: 9月15日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

浅間神社の例祭は、毎年9月15日に行われる盛大な祭りです。例祭では、神輿の渡御や獅子舞、稚児行列などの様々な催し物が催されます。

神輿の渡御

例祭のメインイベントである神輿の渡御は、神社から氏子地域を巡行します。神輿は、氏子によって担がれ、威勢の良い掛け声が響き渡ります。

獅子舞

獅子舞は、神社の境内や氏子地域で披露されます。獅子舞は、五穀豊穣や無病息災を祈願する伝統芸能です。

稚児行列

稚児行列は、氏子の子どもたちが参加する行列です。稚児たちは、華やかな衣装を身にまとい、神社まで練り歩きます。

  • 内容: 氏子の子どもたちが参加する行列
  • 特色: 華やかな衣装を身にまとった稚児たちが練り歩く

ご利益と神様

浅間神社は、縁結び、安産、子育ての神様として知られています。縁結びに関しては、桜をイメージした縁結びのお守りが人気です。安産に関しては、木花開耶姫命が炎の中で出産したという神話があり、安産のご利益がある神様として信仰されています。子育てに関しては、子育て守やお宮参りなどのご祈祷も行われています。

  • 縁結び: 桜をイメージした縁結びのお守り
  • 安産: 木花開耶姫命の安産神話
  • 子育て: 子育て守やお宮参りなどのご祈祷

由緒と歴史

浅間神社の創建は、平安時代初期の807年と伝えられています。当時は、浅間大菩薩を祀る祠でしたが、後に浅間神社として独立しました。浅間神社は、江戸時代には徳川家康の崇敬を受け、社殿の造営や寄進が行われました。明治時代には、神仏分離令により、浅間神社と浅間寺に分離されましたが、後に再び合祀されました。

  • 創建: 平安時代初期の807年
  • 徳川家康の崇敬: 江戸時代
  • 神仏分離令: 明治時代

訪問者のためのヒントと注意点

浅間神社を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 服装: 軽装ではなく、神社にふさわしい服装でお参りしましょう。
  • マナー: 神様の前では、静かに参拝しましょう。
  • 写真撮影: 神社内での写真撮影は、許可されている場所のみで行いましょう。

駐車場情報

浅間神社には、無料の駐車場があります。駐車場は、神社の西側にあります。駐車可能台数は、20台です。

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード