スポンサーリンク

【2024】津島神社 島田市のお祭り(例祭)を紹介! 疫病除け、厄除けの神様 津島神社の例祭 7月

07月

疫病除け、厄除けの神様 津島神社の例祭

スポンサーリンク

基本情報

津島神社は、愛知県津島市神明町にある神社です。疫病除け、厄除けの神様として知られ、全国から参拝者が訪れます。

  • 住所:愛知県津島市神明町1
  • 電話番号:0567-26-3216
  • アクセス:名鉄津島駅から徒歩約15分
  • 例祭日:7月22日、23日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

津島神社の例祭は、毎年7月22日、23日に行われます。例祭期間中は、様々なイベントや催し物が開催され、多くの人で賑わいます。

宵祭

例祭の前日に行われる宵祭では、5艘の巻藁船が天王川を漕ぎ出します。巻藁船には提灯が飾られ、幻想的な雰囲気を醸し出します。

朝祭

例祭当日に行われる朝祭では、市江の車楽舟と津島の5艘の車楽舟が出ます。車楽舟は、二段屋台に置物(能人形)が飾られた豪華な船です。車楽舟は天王川を奏楽しながら漕ぎ渡り、優雅な雰囲気を演出します。

奴道中

例祭期間中には、奴道中も行われます。奴道中は、江戸時代に始まったとされる伝統行事です。奴道中は、奴装束を着た人々が行列を成して練り歩くもので、勇壮な雰囲気を醸し出します。

地踊り

例祭期間中には、地踊りも行われます。地踊りは、津島地方に伝わる伝統芸能です。地踊りは、三味線や太鼓の音に合わせて踊るもので、華やかな雰囲気を演出します。

  • 内容:三味線や太鼓の音に合わせて踊る伝統芸能
  • 特色:津島地方に伝わる伝統芸能で、華やかな雰囲気を演出

ご利益と神様

津島神社のご利益は、疫病除け、厄除けです。また、津島神社には、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)と大穴牟遅命(おおなむちのみこと)の二柱の神様が祀られています。

  • 疫病除け
  • 厄除け
  • 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
  • 大穴牟遅命(おおなむちのみこと)

由緒と歴史

津島神社の創建は、欽明天皇元年(540年)と伝えられています。津島神社は、尾張国一宮として崇敬を集め、多くの武将や庶民から信仰されてきました。江戸時代には、徳川家康や豊臣秀吉からも崇敬を受け、社殿の造営や寄進が行われました。

  • 創建:欽明天皇元年(540年)
  • 尾張国一宮
  • 徳川家康、豊臣秀吉からの崇敬

訪問者のためのヒントと注意点

津島神社を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 例祭期間中は、非常に混雑します。時間に余裕を持って参拝しましょう。
  • 津島神社には、無料駐車場はありません。周辺のコインパーキングをご利用ください。
  • 津島神社は、神聖な場所です。参拝の際には、敬虔な態度を心がけましょう。

駐車場情報

津島神社には、無料駐車場はありません。周辺のコインパーキングをご利用ください。津島神社周辺には、いくつかのコインパーキングがあります。料金は、1時間あたり200円~300円程度です。

  • 津島神社周辺のコインパーキングを利用
  • 料金:1時間あたり200円~300円程度

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード