スポンサーリンク

【2024】葦筒宮 嬉野市のお祭り(例祭)を紹介! 嬉野の里に響く、神楽の調べと人々の笑顔 11月

11月

嬉野の里に響く、神楽の調べと人々の笑顔

スポンサーリンク

基本情報

葦筒宮は、佐賀県嬉野市嬉野町大字下野乙1912-1に鎮座する神社です。祭神は、国之常立神と大国御魂神です。

  • 住所: 佐賀県嬉野市嬉野町大字下野乙1912-1
  • 電話番号: 0954-43-2345
  • アクセス: JR嬉野温泉駅から車で10分
  • 例祭日: 11月2日、3日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

葦筒宮の例祭は、毎年11月2日と3日に行われます。例祭期間中は、様々なイベントや催し物が開催されます。

神輿渡御

例祭のメインイベントである神輿渡御は、2日の午後1時から行われます。神輿は、氏子たちが担いで町内を巡行します。神輿渡御は、五穀豊穣や無病息災を祈願する神事です。

奉納芸能

例祭期間中は、奉納芸能も行われます。奉納芸能では、地元の芸能団体による踊りや歌が披露されます。奉納芸能は、神様への感謝の気持ちを表現する神事です。

露店

例祭期間中は、境内や周辺に露店が立ち並びます。露店では、地元の特産品や屋台料理などが販売されます。露店は、例祭の賑わいを盛り上げるのに一役買っています。

神楽

例祭期間中は、神楽も奉納されます。神楽は、神話を題材にした舞踊劇です。神楽は、神様への感謝の気持ちを表現する神事です。

  • 内容:神話を題材にした舞踊劇
  • 特色:神様への感謝の気持ちを表現する神事

ご利益と神様

葦筒宮のご利益は、五穀豊穣、無病息災、家内安全、商売繁盛などです。祭神の国之常立神は、日本の国土を最初に生み出した神様とされており、大国御魂神は、大国主命の荒魂とされており、縁結びや厄除けの神様として信仰されています。

  • 五穀豊穣
  • 無病息災
  • 家内安全
  • 商売繁盛
  • 縁結び
  • 厄除け

由緒と歴史

葦筒宮の創建は、和銅2年(709年)と伝えられています。当時は、吉田村「マツヨシ」に鎮座していましたが、後に「カヤシキ」に移され、延宝4年(1676年)に現在の地に社殿が建立されました。

  • 創建:和銅2年(709年)
  • 鎮座地:吉田村「マツヨシ」→「カヤシキ」→現在地
  • 社殿建立:延宝4年(1676年)

訪問者のためのヒントと注意点

葦筒宮を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 駐車場は、神社の近くに数台分あります。
  • 例祭期間中は、多くの参拝客で賑わいます。
  • 神社内は、禁煙です。
  • ペットの同伴は、ご遠慮ください。

駐車場情報

葦筒宮の駐車場は、神社の近くに数台分あります。駐車場は、無料でご利用いただけます。

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード