スポンサーリンク

【2024】岡本八幡神社 神戸市のお祭り(例祭)を紹介! 秋の芋祭りで有名な岡本八幡神社の例祭 9月

09月

秋の芋祭りで有名な岡本八幡神社の例祭

スポンサーリンク

基本情報

岡本八幡神社は、神戸市東灘区本山北町に鎮座する神社です。応神天皇と神功皇后を祀り、厄除け開運にご利益があるとされています。

  • 住所:神戸市東灘区本山北町6-2-28
  • 電話番号:078-851-3746(本住吉神社)
  • アクセス:阪急岡本駅から東へ徒歩約5分
  • 例祭日:9月15日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

岡本八幡神社の例祭は、9月15日に行われる秋の例祭です。例祭では、五穀豊穣や厄除けを祈願する神事が執り行われます。また、例祭に合わせて、さまざまなイベントや催し物が開催されます。

神事

例祭の神事は、午前11時より拝殿にて執り行われます。神事は、宮司が祝詞を奏上し、玉串を奉納するなど、厳粛な雰囲気の中で行われます。

芋祭り

例祭のもう一つの目玉は、芋祭りです。芋祭りは、五穀豊穣を祈願するお祭りで、毎年多くの人でにぎわいます。芋祭りでは、焼き芋や芋煮などの芋料理が振る舞われます。

露店

例祭に合わせて、境内には露店が立ち並びます。露店では、焼きそばやたこ焼きなどの定番の屋台グルメから、地元の特産品まで、さまざまな商品が販売されます。

神楽

例祭の夜には、神楽が奉納されます。神楽は、日本の伝統芸能の一つで、神話を題材にした舞踊劇です。神楽は、境内の特設ステージで上演されます。

  • 内容:日本の伝統芸能の一つである神楽の奉納
  • 特色:神話を題材にした舞踊劇の上演

ご利益と神様

岡本八幡神社のご利益は、厄除け開運です。応神天皇と神功皇后を祀る神社で、厄除けや開運にご利益があるとされています。また、境内には、安産の神様として知られる稲荷神社もあります。

  • 厄除け開運
  • 安産

由緒と歴史

岡本八幡神社の創建は、鎌倉時代初期の1192年(建久3年)と伝えられています。源頼朝が鎌倉に幕府を開いた頃に、岡本は村としての姿を整え、源氏の氏神である八幡神を村の高台に祀ったのが始まりとされています。その後、戦国時代には、豊臣秀吉が岡本八幡神社に参拝したという記録が残っています。

  • 創建:1192年(建久3年)
  • 祭神:応神天皇、神功皇后
  • 由緒:源氏の氏神を祀る神社として創建

訪問者のためのヒントと注意点

岡本八幡神社を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 例祭は9月15日に行われます。
  • 例祭期間中は、境内が混雑します。
  • 駐車場は、神社の近くに有料駐車場があります。
  • 神社の境内は、禁煙です。
  • ペットの同伴は、ご遠慮ください。

駐車場情報

岡本八幡神社の近くには、有料駐車場がいくつかあります。駐車料金は、1時間あたり300円程度です。

  • 岡本八幡神社駐車場(収容台数:50台)
  • 岡本駅前駐車場(収容台数:100台)
  • 岡本中央駐車場(収容台数:200台)

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード