スポンサーリンク

【2024】神庭神社 倉吉市のお祭り(例祭)を紹介! 倉吉の伝統と歴史を今に伝える、神庭神社の例祭 10月

10月

倉吉の伝統と歴史を今に伝える、神庭神社の例祭

スポンサーリンク

基本情報

神庭神社は、鳥取県倉吉市円谷町にある神社です。倉吉市の総鎮守であり、倉吉の総氏神として崇敬されています。

  • 住所:鳥取県倉吉市円谷町252
  • 電話番号:0858-22-3110
  • アクセス:JR山陰本線倉吉駅から徒歩約15分
  • 例祭日:10月17日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

神庭神社の例祭は、毎年10月17日に行われます。例祭では、神輿渡御や獅子舞、太鼓などの奉納が行われます。また、境内に露店が立ち並び、多くの人で賑わいます。

神輿渡御

神輿渡御は、例祭のメインイベントです。神輿は、神社から町内を巡行し、五穀豊穣や家内安全を祈願します。神輿渡御には、多くの人が参加し、沿道は人で埋め尽くされます。

獅子舞

獅子舞は、神庭神社の例祭に欠かせない伝統芸能です。獅子舞は、悪魔を祓い、福を招くと言われています。獅子舞は、神社の境内や町内を巡り、人々に福を授けます。

太鼓

太鼓は、神庭神社の例祭を盛り上げる重要な役割を果たしています。太鼓は、神社の境内や町内を巡り、勇壮な音色を響かせます。太鼓の音色は、人々に元気を与え、例祭を盛り上げます。

  • 露店:境内には露店が立ち並び、多くの人で賑わいます。

ご利益と神様

神庭神社のご利益は、五穀豊穣、家内安全、厄除け、商売繁盛などです。また、神庭神社には、倉吉の総氏神である國常立命(くにのとこたちのみこと)、素盞嗚命(すさのおのみこと)、國狹槌命(くにさつちのみこと)、宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)、菅原道眞命(すがわらのみちざねのみこと)の五柱の神様が祀られています。

  • 五穀豊穣:農作物の豊作を祈願する人々にご利益があるとされています。
  • 家内安全:家族の安全と健康を祈願する人々にご利益があるとされています。
  • 厄除け:厄災や災難から身を守ることを祈願する人々にご利益があるとされています。
  • 商売繁盛:商売繁盛や事業発展を祈願する人々にご利益があるとされています。

由緒と歴史

神庭神社の創建は、平安時代初期の807年と言われています。当時は、神庭山に祀られていた倉吉の総氏神である五柱の神様を、現在地に遷座して祀ったのが始まりとされています。その後、神庭神社は、倉吉の総鎮守として崇敬され、多くの人々が参拝するようになりました。

  • 平安時代初期の807年:神庭神社が創建されたとされています。
  • 鎌倉時代:神庭神社が、倉吉の総鎮守として崇敬されるようになりました。
  • 室町時代:神庭神社が、兵火によって焼失しました。
  • 江戸時代:神庭神社が、再建されました。
  • 明治時代:神庭神社が、近代社格制度のもとで、村社に列格されました。

訪問者のためのヒントと注意点

神庭神社を訪れる際には、以下の点に注意してください。

  • 服装:神庭神社は、神聖な場所ですので、露出の多い服装や派手な服装は避けてください。
  • 参拝方法:神庭神社の参拝方法は、二拝二拍手一拝です。まず、鳥居の前で一礼をしてから、参道を歩き、拝殿の前に進みます。拝殿の前で、二拝二拍手一拝をして、お参りします。
  • 写真撮影:神庭神社では、写真撮影が禁止されています。写真撮影をしたい場合は、事前に神社に許可を得る必要があります。

駐車場情報

神庭神社には、無料の駐車場があります。駐車場は、神社の東側にあります。駐車場の収容台数は、約50台です。

  • 収容台数:約50台
  • 料金:無料

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード