スポンサーリンク

【2024】昆沙門天王堂 下関市のお祭り(例祭)を紹介! 下関の夏の風物詩、昆沙門天王堂の例祭 7月

07月

下関の夏の風物詩、昆沙門天王堂の例祭

スポンサーリンク

基本情報

  • 住所:山口県下関市阿弥陀寺町2-1-1
  • 電話番号:083-222-2020
  • アクセス:JR下関駅から徒歩約15分
  • 例祭日:7月30日、31日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

昆沙門天王堂の例祭は、毎年7月30日と31日の2日間開催されます。例祭期間中は、様々なイベントや催し物が開催され、多くの人で賑わいます。

神輿渡御

例祭のメインイベントである神輿渡御は、31日の午前10時から行われます。昆沙門天王堂の神輿が、氏子地域を巡行します。神輿渡御は、昆沙門天王の御神威を仰ぎ、五穀豊穣や無病息災を祈願するものです。

奉納芸能

例祭期間中は、昆沙門天王堂の境内特設ステージで、様々な奉納芸能が披露されます。地元の子供たちによる太鼓や踊り、伝統芸能である神楽などが披露され、多くの人を楽しませます。

露店

例祭期間中は、昆沙門天王堂の境内や周辺に、多くの露店が立ち並びます。露店では、地元の名産品や特産品、縁日ならではの食べ物や飲み物などが販売され、多くの人で賑わいます。

花火大会

例祭のフィナーレを飾る花火大会は、31日の夜8時から開催されます。昆沙門天王堂の境内から打ち上げられる花火は、下関の夏の夜空を彩り、多くの人を魅了します。

ご利益と神様

昆沙門天王堂は、毘沙門天を祀る寺院です。毘沙門天は、七福神の一人で、福徳と財宝を司る神様として信仰されています。また、毘沙門天は、戦いの神様としても知られており、勝負事や厄除けにご利益があるとされています。

  • ご利益:福徳、財宝、勝負事、厄除け
  • 祀られている神様:毘沙門天

由緒と歴史

昆沙門天王堂は、奈良時代の735年に、行基菩薩によって開基されたと伝えられています。その後、平安時代には、空海(弘法大師)が昆沙門天王堂を訪れ、毘沙門天を祀ったとされています。昆沙門天王堂は、戦国時代には、毛利元就や豊臣秀吉などの武将から崇敬を受けました。江戸時代には、徳川家康が昆沙門天王堂を保護し、現在のような伽藍が整備されました。

  • 開基:奈良時代の735年
  • 開祖:行基菩薩
  • 毘沙門天を祀ったとされる人物:空海(弘法大師)
  • 崇敬した武将:毛利元就、豊臣秀吉
  • 保護した人物:徳川家康

訪問者のためのヒントと注意点

昆沙門天王堂を訪れる際には、以下の点に注意してください。

  • 昆沙門天王堂は、住宅街の中にあります。騒音や迷惑行為は慎みましょう。
  • 昆沙門天王堂は、土足厳禁です。参拝前に靴を脱いでください。
  • 昆沙門天王堂には、拝観料はありません。ただし、賽銭箱に賽銭を納めるのが一般的です。
  • 昆沙門天王堂には、駐車場がありません。公共交通機関を利用するか、近隣の駐車場を利用してください。

駐車場情報

昆沙門天王堂には、駐車場がありません。公共交通機関を利用するか、近隣の駐車場を利用してください。

  • 公共交通機関:JR下関駅から徒歩約15分
  • 近隣の駐車場:下関市営駐車場(昆沙門天王堂から徒歩約5分)

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード