スポンサーリンク

【2024】大宮八幡宮 杉並区のお祭り(例祭)を紹介! 東京のへそで厄除け祈願! 9月

09月

東京のへそで厄除け祈願!

スポンサーリンク

基本情報

  • 住所:東京都杉並区大宮2-3-1
  • 電話番号:03-3311-0105
  • アクセス:京王井の頭線「西永福駅」徒歩7分
  • 例祭日:9月15日

スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

大宮八幡宮の例祭は、毎年9月15日に行われる盛大な祭りです。

例祭では、神輿渡御や獅子舞、神楽などの伝統芸能が披露され、多くの人で賑わいます。

神輿渡御

例祭のメインイベントである神輿渡御は、氏子たちが担ぐ神輿が町内を練り歩く神事です。神輿は、厄除けや五穀豊穣を祈願して担がれ、沿道には多くの人々が集まります。

獅子舞

獅子舞は、獅子に扮した舞手が、笛や太鼓の音に合わせて舞う伝統芸能です。

獅子舞は、厄除けや無病息災を祈願して奉納され、その勇壮な舞いは多くの人々を魅了します。

神楽

神楽は、神々に奉納される伝統芸能です。神楽では、舞や歌、演奏などが披露され、神々の恩恵を感謝し、五穀豊穣や厄除けを祈願します。

ご利益と神様

大宮八幡宮のご利益は、厄除け、安産、子育て、学業成就などです。

主祭神である応神天皇は、厄除けの神様として知られており、安産や子育ての神様である神功皇后、学問の神様である菅原道真公も祀られています。

  • 厄除け
  • 安産
  • 子育て
  • 学業成就

由緒と歴史

大宮八幡宮の創建は、1063年と伝えられています。

源頼義が前九年の役に赴く途中、この地に八条の白雲の瑞祥を見て、奥州平定後の凱旋の際に、京都の石清水八幡宮の御分霊を勧請して創建したとされます。

武蔵国三大宮の一つ「多摩の大宮」と称され、「東京のへそ」として親しまれています。

  • 創建:1063年
  • 開祖:源頼義
  • 武蔵国三大宮の一つ
  • 「東京のへそ」

訪問者のためのヒントと注意点

大宮八幡宮を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 例祭日は混雑するため、早めの参拝がおすすめです。
  • 境内は広く、坂道が多いため、歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • ペットの同伴はご遠慮ください。
  • 境内の撮影は自由ですが、フラッシュ撮影や三脚の使用はご遠慮ください。

駐車場情報

大宮八幡宮には、無料の駐車場が完備されています。ただし、台数に限りがあるため、混雑時は満車となる場合があります。公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

  • 無料駐車場あり
  • 台数に限りあり
  • 公共交通機関でのアクセスがおすすめ

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード