スポンサーリンク

【2024】七面宮 札幌市白石区のお祭り(例祭)を紹介! 白石区の七面宮で例大祭 4月

04月

白石区の七面宮で例大祭

スポンサーリンク

基本情報

七面宮は、札幌市白石区北郷3条3丁目に鎮座する神社です。日蓮宗に属し、吉祥天を祀っています。

  • 住所: 北海道札幌市白石区北郷3条3丁目
  • 電話番号: 非公開
  • アクセス: 札幌市営地下鉄東西線「白石駅」から徒歩10分
  • 例祭日: 4月15日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

七面宮の例祭は、4月15日に行われます。例祭では、神輿渡御や獅子舞などの神事が執り行われます。

神輿渡御

神輿渡御は、例祭のメインイベントです。氏子たちが担いだ神輿が、神社の周辺を巡行します。神輿渡御は、五穀豊穣や無病息災を祈願する神事です。

獅子舞

獅子舞は、七面宮の例祭で奉納される伝統芸能です。獅子舞は、悪魔を祓い、福を招くと言われています。

露店

例祭では、神社の境内に露店が立ち並びます。露店では、食べ物や飲み物、雑貨などが販売されます。

  • 露店では、食べ物や飲み物、雑貨などが販売されます。
  • 露店は、例祭の雰囲気を盛り上げます。

ご利益と神様

七面宮のご利益は、厄除け、開運、商売繁盛などです。七面宮に祀られている吉祥天は、七面大明神とも呼ばれ、七つの顔を持つ女神です。吉祥天は、福徳と智慧を司る神様として信仰されています。

  • 厄除け
  • 開運
  • 商売繁盛

由緒と歴史

七面宮の創建は、江戸時代初期の1625年(寛永2年)です。七面宮は、日蓮宗の僧侶である日伝上人が開いたと伝えられています。七面宮は、当初は小規模な祠でしたが、その後、徐々に規模を拡大していきました。七面宮は、1880年(明治13年)に現在地に遷座しました。

  • 創建は1625年(寛永2年)
  • 日蓮宗の僧侶である日伝上人が開いたと伝えられている
  • 1880年(明治13年)に現在地に遷座

訪問者のためのヒントと注意点

七面宮を訪れる際には、以下の点に注意してください。

  • 七面宮は、住宅街の中にあります。騒音や迷惑行為は慎みましょう。
  • 七面宮は、私有地です。許可なく境内に入ることはできません。
  • 七面宮には、駐車場がありません。公共交通機関を利用するか、近隣のコインパーキングを利用しましょう。

駐車場情報

七面宮には、駐車場がありません。公共交通機関を利用するか、近隣のコインパーキングを利用しましょう。

  • 七面宮に駐車場はありません
  • 公共交通機関を利用するか、近隣のコインパーキングを利用しましょう

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード