スポンサーリンク

【2024】日吉神社 北名古屋市のお祭り(例祭)を紹介! 北名古屋の秋を彩る、五穀豊穣を祝う祭り 10月

10月

北名古屋の秋を彩る、五穀豊穣を祝う祭り

スポンサーリンク

基本情報

  • 住所:愛知県北名古屋市沖村天花寺67
  • 電話番号:0568-21-1084
  • アクセス:西春駅から徒歩15分、清洲東ICから車で10分
  • 例祭日:10月第1日曜日
スポンサーリンク

例祭の主なイベントと催し物

日吉神社の例祭は、五穀豊穣を祝うとともに、氏子や地域住民の親睦を深めることを目的としています。例祭期間中は、様々なイベントや催し物が開催され、多くの人で賑わいます。

神輿渡御

例祭のメインイベントである神輿渡御は、10月第1日曜日の午前10時に神社を出発し、氏子地域を巡行します。神輿は、氏子や地域住民によって担がれ、威勢の良い掛け声が響き渡ります。

屋台村

例祭期間中は、神社境内に屋台村が立ち並び、様々な屋台グルメを楽しむことができます。焼きそば、たこ焼き、お好み焼きなどの定番メニューから、地元の特産品を使ったオリジナルメニューまで、バラエティ豊かな屋台が揃います。

ステージイベント

例祭期間中は、神社の特設ステージで様々なイベントが開催されます。地元のアーティストによるライブ演奏や、子供向けのダンスやマジックショーなど、老若男女楽しめる内容となっています。

もちまき

例祭の最後を締めくくるのが、もちまきのイベントです。10月第1日曜日の午後3時に神社境内で開催され、氏子や地域住民に餅が撒かれます。餅を受け取ると、1年間無病息災で過ごせるといわれています。

ご利益と神様

日吉神社のご利益は、五穀豊穣、厄除け、開運招福、商売繁盛などです。祭神の大己貴命は、国土経営や産業発展の神様として知られており、古くから多くの人々の信仰を集めてきました。

  • 五穀豊穣
  • 厄除け
  • 開運招福
  • 商売繁盛

由緒と歴史

日吉神社の創建は不詳ですが、江戸時代の『尾張名所図絵』に記載されていることから、少なくとも江戸時代初期には存在していたと考えられます。明治時代には、近代社格制度のもとで村社に列格されました。

  • 創建:不詳(江戸時代初期以前)
  • 近代社格:村社

訪問者のためのヒントと注意点

日吉神社を訪れる際には、以下の点にご注意ください。

  • 例祭期間中は、神社周辺が混雑することがあります。公共交通機関を利用するか、時間に余裕を持って参拝してください。
  • 神社内には、段差や滑りやすい場所があります。歩きやすい服装と靴で参拝してください。
  • 神社内は禁煙です。喫煙は、所定の喫煙所をご利用ください。
  • ペットの同伴はご遠慮ください。

駐車場情報

日吉神社には、専用の駐車場はありません。周辺のコインパーキングをご利用ください。

近年流行っている出店・屋台

 

屋台の種類説明
たこ焼き日本の祭りの定番。外はカリッと、中はトロッとした食感が特徴
じゃがバター熱々のジャガイモにバターをたっぷりと溶かしたシンプルながら人気のスナック
ベビーカステラ小さなカステラは、子供から大人まで楽しめる甘くてふわふわのお菓子
鮎の塩焼き新鮮な鮎を丸ごと塩で焼いた、香ばしさが特徴の日本の夏の味覚
シャーピンモチモチの皮で具材を包んだ、外国の影響を受けたユニークなグルメ
お好み焼き具材を選べることが多く、自分好みの味を楽しめる日本の鉄板焼き料理
わたあめ子供たちに大人気の、綿のようにふわふわした甘いスナック
チョコバナナバナナをチョコレートでコーティングした、見た目も楽しいデザート
串焼きさまざまな種類の食材が串に刺されて焼かれる、手軽に楽しめるスナック
焼きそば炒めた麺に特製のソースを絡めた、日本のファストフード