スポンサーリンク

札幌 初詣 2024 オススメ ランキング 穴場や屋台 駐車場

01月

札幌の初詣 オススメ ランキング

スポンサーリンク

札幌近郊の初詣の注意事項 混雑状況や持ち物について

初詣は新しい年の始まりを祝う大切な日本の伝統行事です。
特に冷え込む札幌では、初詣の際にしっかりと寒さ対策をすることが必要です。

【初詣デートにオススメの持ち物】

    • カイロ:小さくて持ち歩きやすいカイロは、寒さから体を守るための必須アイテムです。
    • ネックウォーマー:首元を暖かく保つことで、体全体の冷えを防ぎます。
    • 手袋:手先は冷えやすいので、しっかりとした手袋で寒さから守りましょう。
    • 厚手靴下にブーツ:足元の寒さ対策も欠かせません。暖かい靴下とブーツの組み合わせがおすすめです。
    • 温かい飲み物を入れた水筒:寒さを和らげるために、お気に入りの温かい飲み物を持参するのも良いでしょう。

 

【札幌市内の初詣混雑時間帯予想】

日付午前の混雑傾向午後の混雑傾向
12月31日特になし夜に混雑
1月1日夜明け-10時: 人少ない
11時から: 混雑
昼-15時: 混雑
16時以降: 人少ない
1月2-3日夜明け-10時: 人少ない
11時から: 混雑
昼-15時: 混雑
16時以降: 人少ない
1月4日以降特になし特になし
スポンサーリンク

北海道神宮

基本情報

北海道神宮は、1月1日の元日から初詣をすることができる。正月期間中には屋台が出店され、甘酒やおしるこが振舞われることもあります。三が日は特に混雑が予想されるため、早めの参拝がおすすめです。

  • 住所: 〒064-0969 札幌市中央区宮ヶ丘474
  • 電話: 011-611-0261
  • 開門時間: 年末年始には特別な開門時間があり

開門時間

12月31日から1月31日までの開門時間は特別に設定されています。特に元日は0:00から開門しています。

  • 12月31日: 7:00~16:00
  • 1月1日: 0:00~19:00
  • 1月2日~1月3日: 6:00~18:00
  • 1月4日~1月7日: 6:00~18:00
  • 1月8日~1月31日: 7:00~16:00

混雑情報

例年約80万人が訪れる人気スポットで、特に三が日は混雑が予想されます。混雑を避けるためには、三が日を外して参拝するか、午前中に参拝することがおすすめです。

  • 混雑する時間帯: 1月1日の午前10時以降、1月2日と1月3日の午前10時以降
  • 入場制限: 混雑が激しい時間帯には入場制限がかかる可能性があります

駐車場情報

北海道神宮には専用の駐車場があり、年末年始には駐車料金がかかります。入庫より2時間が500円で以降1時間につき500円の料金がかかります。

  • 駐車場: 北海道神宮西駐車場(170台)、北海道神宮東駐車場(70台)
  • 駐車料金: 12月31日から1月7日まで500円

交通規制

大晦日から元日にかけては交通規制がかかります。特に注意が必要です。

  • 交通規制時間: 12月31日 23時頃~1月1日 18時頃

 

白石神社

基本情報

白石神社は北海道札幌市に位置する歴史的な神社で、お正月には多くの人々が参拝に訪れます。特に三が日は約5万人が訪れるとされ、非常に賑わいます。

  • 住所: 〒003-0027 北海道札幌市白石区本通14丁目北1−12
  • アクセス: 地下鉄東西線「南郷13丁目」徒歩10分
  • TEL: 011-861-2609
  • 通常日の奉務時間: 9:00-16:00

開門時間

年末年始の開門時間は特別なスケジュールがあります。以下が詳細です。

  • 12月30日: 9:00~16:00
  • 12月31日: 9:00~24:00
  • 1月1日: 0:00~2:00・7:00~18:00
  • 1月2日: 8:00~17:00
  • 1月3日: 8:00~17:00
  • 1月4日: 9:00~16:00

駐車場情報

通常は駐車場がありますが、1月3日まで駐車は不可となっています。

ご祭神とご利益

ご祭神は「神倭磐余毘古尊(かんやまといわれひこのみこと)」と「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」です。特に武神、勝負の神として知られ、国の平安や武術などのご利益があります。

屋台情報

三が日には境内に50軒ほどの屋台が出ます。メニューはたこ焼き、フランクフルト、どて焼き、りんごあめ、ポップコーン、ベビーカステラ、肉巻きおにぎり、玉こんにゃく串など多岐にわたります。

オススメポイント

歴史のある神社であり、特に赤い橋と湧水が有名です。多くの屋台が出るので食べ歩きも楽しめます。また、恋愛成就のご利益もあります。

 

琴似神社

基本情報

琴似神社は札幌市の西区に位置しており、縁結びや学問のパワースポットとして多くの人々に愛されています。祭神には天照大御神、豊受大神、大国主命、武早智雄神、土津霊神がいます。特に年末年始は多くの出店があり、賑やかな雰囲気が楽しめます。

  • 開催日:年中無休
  • 住所:〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条7丁目1−30

駐車場

駐車場は約10台分ありますが、注意点として1月1日から1月7日まで一般車両は境内への進入・駐車が禁止されています。

  • 駐車台数:約10台
  • 特別制限:1/1~1/7まで一般車両は境内進入・駐車禁止

アクセス

JR函館本線「琴似駅」からは徒歩約15分、地下鉄東西線「琴似駅」からは徒歩約4分とアクセスが便利です。

  • JR函館本線「琴似駅」から徒歩約15分
  • 地下鉄東西線「琴似駅」から徒歩約4分

開門時間

開門時間は日によって異なります。特に年末年始は以下のように設定されています。

  • 12月31日:9:00~17:00
  • 1月1日:0:00~17:00
  • 1月2日:8:00~17:00
  • 1月3日:8:00~17:00
  • 1月4日:9:00~16:00
  • 1月5日:9:00~16:00
  • 1月6日:9:00~16:00
  • 1月7日:9:00~16:00

その他の情報

琴似神社は屯田兵が琴似に入植した際に、一部の兵士の出身地であった仙台藩理伊達氏の祖伊達成実を武早智雄神として祭神にしたのが始まりです。神社周辺では露天・屋台の出店があり、大変賑やかで混雑します。

  • 縁結びや学問のパワースポット
  • 祭神:天照大御神、豊受大神、大国主命、武早智雄神、土津霊神
  • 露天・屋台の出店あり

 

豊平神社

基本情報

概要: 豊平神社は札幌市豊平区に位置しています。神社は24時間参拝可能で、開拓の神、交通守護神、農業・漁業・諸産業の神、武運長久などが祭られています。また、リラックマやハローキティのお守りやぬいぐるみの販売もあり、屋台や出店も毎年設置されています。

  • 開催日: 終日開放 (24時間参拝可能)
  • 住所: 〒062-0904 北海道札幌市豊平区豊平4条13丁目1−18
  • 駐車場: 無料駐車場30台 (近隣のスーパーアークス等が無料開放することもあり)
  • アクセス: 中央バス【NTT豊平営業所】より徒歩3分、札幌市営地下鉄東豊線【豊平公園駅】より徒歩8分
  • TEL: 011-811-1049(受付時間 9:00 ~ 17:00)

歴史と伝説

概要: 豊平神社は開拓の神、交通守護神、農業・漁業・諸産業の神、武運長久として知られています。日本武尊以来の悲願として蝦夷征伐に向かった武将が伊峙水門で戦死し、死後墓から大蛇が出て死傷者を出したという伝説があり、怨霊神として恐れられています。

  • 主な祭神: 開拓の神、交通守護神、農業・漁業・諸産業の神、武運長久
  • 伝説: 武将が伊峙水門で戦死、大蛇が出現する伝説あり

商品と出店

概要: 豊平神社ではリラックマやハローキティのお守りやぬいぐるみも販売されています。また、屋台や出店も毎年設置されており、参拝者に多様な楽しみが提供されています。

  • 特産品: リラックマ、ハローキティのお守りやぬいぐるみ
  • 出店: 屋台や出店が毎年あり